FC2ブログ

7月18日の記事とその関連事項についてのお詫び

まず、7月18日の記事について、またそれに伴う処々の発言について全面的に謝罪します。

ネーデルラントの国民の皆様、中でもシオン修道会商会員の皆様、大変申し訳ありませんでした。



前出の記事について削除も考えましたが、無かったことにするのは却って無責任かと思い当面残すことにしました。
ただし、記事が残っていることが不愉快ということであれば、速やかに削除いたしますのでご一報ください。



さて、ただ謝ればいいというものではないので、何がいけなかったか反省と、今後への課題などを考えてみようと思います。

ネーデルラントの大海戦の方針、スポーツ的なアプローチやゾンビアタック禁止については常々思っていた事ではありますが、それを承知で連盟を組んでいるわけですし、自分でも「人は人、国によって考え方の違いがあるのはしょうがない」と書いているように、それで納得しているのですから

だったらブログとかに書くな

っていう話です

言い分けじみているようですが、ネーデルラントの方針を理解した上で、イスパニアの連盟会議では若干の反対意見もある中でネーデルラントとの同盟を強く押したのも自分です。

ですので、連盟したからには、黙って主戦国の方針に従うべき・・・・・・というか従っているわけですから文句言うなってことですね;

まああの記事も文句を言っているつもりではなかったんですが、そう受け取られても仕方ない書き方だったと、反省することしきりです。



シオン修道会について、これも批判するつもりではなかったのですが、こちらは後から自分で読んでも、どう見ても批判してますね・・・・・・全くもって本当に申し訳ないです、ごめんなさい。

ただし、これは全面的に自分が悪いとはいえ、誤解もありますので言い分けを書かせてもらおうと思います。

自分はシオン修道会については、常々寧ろ好意的に考えていました。
過去形ではなく今もそう思っているので必死に言い分けするんですが。

「脳筋商会」という言葉を使っちゃいましたが、これは自分は海事に力を入れている商会全部に使っている言葉で、当然自分の所属する緑を守る会も脳筋商会ですし、自分としては寧ろ誉め言葉なんですが、受け取る側に侮蔑と受け取られるともう謝るしかないです。

シオンは古くからB鯖においてCLなどにも参加する軍人商会として有名で、B出身の自分としては新たに軍人を志す上で憧れというか目標の一つです

自分もいつも参加させてもらっている「みん模擬」でシオンの艦隊に混ぜてもらったときもとても楽しかったです

今回の大海戦の初日、入れてもらった野良艦隊が偶然にもシオンの艦隊と連携することになり、内心かなり喜びました

ところが実際海戦が始まってみると、前の記事に書いたような「正々堂々と艦隊戦を楽しむと」いうプレイスタイルと、自分の大海戦へのアプローチ、「国の勝利のために出来る事を全てやる」というスタイルに大きな隔たりがあり、艦隊としての戦果は上々にもかかわらず自分はストレスを感じる結果になりました。

しかしハッキリ言ってそこが既に自分の悪かったところなんですよね

自分は野良艦隊の1僚艦で、旗ですらない
そして、別の艦隊と連携を組んでそちらがメインで動くことになった

今となってはどう考えても自分の価値観を押し付けるべきではないのですが、前回のカリブ大海戦の時の大勝利の余韻を引きずってて、自分の所属商会の艦隊や、お邪魔したハイパーチワワ艦隊の時のイメージに凝り固まってしまっていたんです

それぞれの艦隊にそれぞれの楽しみ方がある、当たり前のことがなぜか頭から抜け落ちてました。

だから、やりたいことがあるならそれに合った艦隊に入ればいいわけだし、無ければ自分で募集すればいいんです

切り札の下準備とかしてて募集とかしてる暇がなく、どこでもいいから
「何でも3連」
のバザーで野良に参加しておいて、不満を言うどころか不満を感じることすら大きな勘違いだったんですよね

そして

某氏との会話や彼のブログへの自分のコメント内でシオンのことで批判的な発言をしてしまったのですが、

ものすごく苦しい言い分けですが、
それでもシオンがダメと言っているわけではなく、自分と価値観が違う艦隊に入ると辛い、ということのみが言いたいことだったんですが・・・・・・
それで名前を出しちゃったらダメだろってことなんですよね

重ね重ね申し訳ありません、ごめんなさい。



さて、今回のことは本当にどうしようもなく自分がバカだったわけですが

今後について

やはり自分にとっての大海戦は

自国の勝利のために出来る事を何でもやる

というスタイルです

そのためには戦功なんかどうでもいい、ということなんで、野良だと自分で募集してもちょっときつい、というか、野良で参加した方に逆にストレスを与える結果になるかもしれません

イスパにはそういう感じの艦隊として、議長やちょりりったさんの艦隊がありますが、それだけでは足りません

自分の所属する商会、緑を守る会の艦隊は以前よりはだいぶ要塞戦向けの戦いをするようになりましたが、お国のために~というメンバーではないし、みんなの人となりをよく知ってるだけにお国のために捨て石になるような戦いを求める気はありません

だから、いつか自分が頼りがいのある旗をできるようになって、固定の艦隊を結成できたらなーと思います。

それまではただ腕を磨くこと、そして文句はもう言いませんw
プロフィール

Qの人

Author:Qの人
だいたいA鯖で航海中
主に船と服の画像を淡々と貼っていくスタイル

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
[著作権]
『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR