• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

第3の結末「アフリカ騒乱」

■大海戦 戦闘結果
【会戦日】
2017年2月10日(金) ~ 2017年2月12日(日)

引き分け

イスパニア
 勝率 50%
 勝利ポイント 3833

ポルトガル
 勝率 50%
 勝利ポイント 3912

【要塞が陥落した街】
マラガ(イスパニア)
バレンシア(イスパニア)
バルセロナ(イスパニア)
パルマ(イスパニア)

歴史的事件としての結末は 「2.アフリカ騒乱(引き分け)」です。

結末による影響は
①イベリアのイスパニアの影響度減少
②西アフリカのポルトガルの影響度減少
③イベリアの街への投資効果増大

残念ながら初日に全要塞が陥落するという事態になりましたが、各国傭兵ならびにE鯖イスパニアの皆さんのおかげで最終的にはポイント僅差までもちなおし、引き分け判定に持ち込む事が出来ました。

この場を借りてお礼申し上げます、ありがとうございました。

そしてイスパニア陣営、ポルトガル陣営、全ての参加者の皆さんお疲れ様でした。

陣営関係なく、大海戦を楽しむ事が出来た人はみんな勝利者です

以上、公式BBSに投稿した文のコピペ



年末あたりから我が家のネット回線が不調だったのですが、回線が切れるたびにモデムをリセットしたら繋がっていたので、そのままにしていたところ、間の悪いことに歴史的大海戦初日である先週金曜日にとうとう接続が完全に死亡

まさに痛恨

なんかしょっちゅう痛恨してますが今度のはダメージでかかった

だってDOLに復帰して最初に出た大海戦以来、どんなに忙しくても全ての大海戦に出席してきたのに

時には、帰宅が9時過ぎになってとりあえず大型だけ、自分の2垢で艦隊組んでN狩りした、なんてこともありましたし

Q佐衛門のイスパも桐葉菓さんのフラも出られないときでもオスマンのみかんちゃんで出席し、皆勤賞だったのです

それが今回の歴史的大海戦、イスパ主戦かつ本土防衛戦の初日に出られないとは・・・・・・

まあワシが出たからといって勝てるということではないのですが、ワシが仕込む切り札の枚数的に1個くらい要塞防衛はできたんじゃないかとも思う

完全に結果論だけど、初日1つでも防衛していれば最終的なポイントで勝利していたはずだしw

残念無念!

そんな大海戦でしたが、出席した土日2日間は割と面白かったですw

いつもQ佐衛門の時はだいたい対人艦隊に入るのだけど、今回はとにかくなんとしても要塞を防衛しないとだったので、土曜は構築艦隊、日曜はN狩りメインの艦隊に入れてもらい、別垢2つでバザー出しや切り札の移動など常に3窓別々に操作してました

対人艦隊だとこういうの無理ですからねw

なのでメッチャ忙しかった、土曜日なんかマラガやバレンシアが耐久1桁まで下がった事が何度かあったし

要塞数値読み上げの悲鳴を聞きながら焦りつつも封鎖除けで大回りしながら飛び込んでタッチの差で耐久回復したり、どこにも移動し易いパルマに集中的に置いておいた切り札をピンチの要塞に矢継ぎ早に派遣してギリギリ回復したり

日曜日は朝から2ポイント以上の耐久材全種と鉄材木材の材料になる鉄鉱石と丸太を副官バザーに満載するだけでなく、共有倉庫までパルマとマラガに移動して完璧な構築体制を布いていたので、割と余裕がありましたね

一度だけバルセロナがやばかったけど、パルマから2500鉄材持った母恵夢さんを一路派遣即投入して事なきを得ました

でも毎回こんな苦行はやりたくないから当分主戦は遠慮したい

準備も大変だしなー



そんな中、今回の大海戦の私的ハイライトといえばこれじゃろ

甲板戦

大海戦でまさかチワワ以外と甲板することがあろうとはw

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

Qの人

Author:Qの人
だいたいA鯖で航海中
主に船と服の画像を淡々と貼っていくスタイル

最新記事
最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
[著作権]
『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。 このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントを所有しているユーザーが株式会社コーエーテクモゲームスから使用許諾を受けたものです。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR